給湯器を作動させていると、なんとなくガス臭いと思った経験があるのではないでしょうか。

ニオイそのものも不快ですが、万が一の場合に備えて、正しく対処しなければなりません。ガス臭いと思ったときに大切なのは、一酸化炭素中毒とならないように換気をしてガスの元栓を閉めることです。その後、原因を探るように注意してください。

給湯器ガス臭い

給湯器周辺がガス臭くなる主な原因は、プロパンガスの残量不足、ガス漏れ、不完全燃焼の3つです。

プロパンガスの残量が原因である場合には対処しやすいかもしれませんが、他2つは専門業者が対応する必要があります。

ガス漏れの場合には、ガス管の劣化や接続部の破損、給湯器設置工事の際の不備などが原因となりますので、専門業者でなければ原因個所の特定と対応ができませんし、不完全燃焼の場合には中毒症状を引き起こしやすいので皆さまがご自身で対応するには危険すぎるためです。

給湯器本体を確認し、黒い煙が出ているようであれば不完全燃焼を起こしている可能性が高いので、給湯器の修理・交換が必要となります。

また、上記の原因以外でもガス臭さを感じることがあります。それは給湯器が故障している場合です。

正確に表現するならば、ガス臭いというよりも、酸っぱいような臭いといえます。このパターンに該当するようであれば、給湯器自体に不具合が出ている可能性がありますので、専門業者に修理してもらう必要があります。

給湯器はガスを使っているだけに、修理や交換しなければならないはずのトラブルを放置していれば火災や爆発といった思わぬ事故を起こす場合もあれば、一酸化炭素中毒によって身体への危険を及ぼすことも考えられるため、給湯器周辺がガス臭いと思ったときにはすぐに専門業者を呼ぶようにしてください。

修理すべきか、交換すべきか、は専門業者と相談しながら決めるといいでしょう。

給湯器の耐用年数は10年が目安となっていますので、これを目安としながらの判断と考えるかもしれませんが、まだ新しい給湯器であっても不完全燃焼を起こしていたのであれば、そのまま使用を継続するのは危険なので交換が必要となります。

給湯器の取り扱いは諸々の専門知識が要されますし、修理・交換といった作業も専門業者でなければ対応できません。

給湯器の周辺がガス臭いと感じるようであれば、まずは弊社へとお問い合わせください。

状況を点検しながら、皆さまそれぞれに最適なご提案と丁寧な修理・交換作業をさせていただきます。坂本設備株式会社では最新式の給湯器の取扱も多数ございますので、交換の際にはぜひご相談ください。

給湯器の交換は格安・即日対応の坂本設備株式会社へ!

現地調査見積無料!お急ぎの場合は最短即日対応!
下記までお気軽にお電話ください!

TEL 0120-820-230【受付時間】月〜土曜日 9:00〜17:00

給湯器の交換は横浜の坂本設備が断然お得です