お風呂でシャワーを浴びているときに、熱くなったり冷たくなったりと、お湯の温度が安定せずに不快な思いをしているようであれば、それは給湯機が故障しているサインかもしれません。

普段からあまり気をかけて給湯器を眺めたことがない人は多いと思いますが、“設計標準使用期間10年”と給湯器のどこかに記載されていると思います。

給湯器の温度が安定しない

これは通常の使用環境であればトラブルが生じないだろうというメーカーが設定した目安です。

製造年月日も併記されていますので、ご自宅の給湯器のラベルに着目してみてください。

この期間を超えていれば、お湯の温度が安定しない原因は経年劣化による故障が疑われます。

もちろん設計標準使用期間内であっても給湯器が壊れることはありますので、お湯が熱くなったり冷たくなったりといった症状がみられれば、故障を疑うこととなりますが、給湯器を自分で分解したりする行為は大変危険なので、必ず専門業者を呼んで対応してもらうようにしてください。

まずは、専門業者を呼ぶべきかどうかを判断するために、以下でご紹介するパターンに当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。

もし該当していれば、給湯器の故障ではないかもしれません。

お湯の使い始めだけが不安定なのであれば、給湯器がお湯を作るまでのタイムラグや、配管に残っていた水が原因である可能性があります。

古いタイプの給湯器によくみられるケースですのでさほど気にする必要はないでしょう。

お湯の温度が変わっているのではなく、お湯の出てくる量が変化していて、温度が不安定であるように思える場合もあります。

この原因の多くは、家の別の場所で水を使用しているためですので、思い当たる個所や家族の人に確認してみてください。

そして、ガス栓が全開となっていないときにもお湯の温度は不安定になります。

ガス栓、給湯器の栓はどちらも全開にして使用するものと覚えておきましょう。

これら3つのチェックポイントについて確認してみたところ、どれにも該当しないようであれば、給湯器が故障している可能性が高いので専門業者を呼んでください。上でも触れていますが、給湯器を知識のない人が扱うのは大変危険です。

爆発事故や火災、一酸化炭素中毒事故を引き起こすこともありますので、必ず専門業者を呼ぶようにしましょう。

給湯器のことでお困りであれば、何でも気軽にご相談ください。

坂本設備株式会社では最新式の給湯器の取扱も多数ございますので、交換の際にはぜひご相談ください。

給湯器の交換は格安・即日対応の坂本設備株式会社へ!

現地調査見積無料!お急ぎの場合は最短即日対応!
下記までお気軽にお電話ください!

TEL 0120-820-230【受付時間】月〜土曜日 9:00〜17:00

給湯器の交換は横浜の坂本設備が断然お得です